青森県「速く正確な伝達を」 政府Jアラート改善検討受け

松野博一官房長官が4日、全国瞬時警報システム(Jアラート)の改善策を検討すると述べたことを受け、青森県危機管理課の山上良一課長は「北朝鮮のミサイルが上空を通過する前に住民が避難行動を取れるよう、速く正確に情報を伝達してほしい」と訴えた。 1.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録