生まれた「ヴァン太のたまご」 ヴァンラーレ、宮崎養鶏場とコラボ

ヴァン太と並んで「ヴァン太のたまご」をPRする、ヴァンラーレ八戸の宮尾孝一副主将(右)、宮崎養鶏場の濱端信行取締役(右から2人目)ら=八戸市
ヴァン太と並んで「ヴァン太のたまご」をPRする、ヴァンラーレ八戸の宮尾孝一副主将(右)、宮崎養鶏場の濱端信行取締役(右から2人目)ら=八戸市
サッカーJ3のヴァンラーレ八戸は、鶏卵の生産・販売などを手がける「宮崎養鶏場」(八戸市)とコラボレーションし、クラブのマスコットキャラクターの名を冠した鶏卵「ヴァン太のたまご」を開発した。同市の県民生協るいけ店など青森、岩手両県内の5店舗で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録