Jアラート運用改善へ 住民調査、青森県などに依頼

松野博一官房長官は4日の衆院内閣委員会で、北朝鮮がミサイルを発射した場合に緊急情報を伝える全国瞬時警報システム(Jアラート)の運用改善に向け、住民の避難時の意識や行動についての調査を北海道と青森県に依頼したと明らかにした。「結果を取りまとめ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録