時評(11月4日)

岸田文雄首相が掲げる防衛力の抜本的強化に向け、外交・安全保障の長期指針「国家安全保障戦略」など安保関連3文書の年内改定を巡る議論が本格化している。政府は有識者会議を始動させ、自民、公明両党は与党協議を開始した。 改定の焦点は、防衛費の大幅増.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録