八戸市美術館1周年 佐藤館長インタビュー

「人々が興味を抱くきっかけはさまざま。その“さまざまさ”を美術館としてどう提示していくかが大切だ」と語る佐藤慎也館長=10月24日、八戸市美術館
「人々が興味を抱くきっかけはさまざま。その“さまざまさ”を美術館としてどう提示していくかが大切だ」と語る佐藤慎也館長=10月24日、八戸市美術館
きょう3日で開館から1周年を迎えた八戸市美術館。これに合わせて同館の佐藤慎也館長が本紙取材に応じ、「市民が主役」の美術館を目指して取り組んできた1年の所感や成果、今後の運営についての展望を語った。一問一答は次の通り。 ―企画展での手応えは。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録