日本男子「銀」で五輪切符 体操世界選手権

 男子団体総合決勝 最終種目の鉄棒の演技を終え、ねぎらわれる橋本大輝(中央右)=リバプール(共同)
 男子団体総合決勝 最終種目の鉄棒の演技を終え、ねぎらわれる橋本大輝(中央右)=リバプール(共同)
【リバプール(英国)共同】体操の世界選手権第5日は2日、英国のリバプールで男子団体総合決勝が行われ、橋本大輝(順大)谷川航、弟の翔(ともにセントラルスポーツ)神本雄也(コナミスポーツ)土井陵輔(日体大)の日本は6種目合計253・395点で銀.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録