老朽原発の安全どう確保 推進側は〝門戸開放〟期待/原発運転制限撤廃

 国内の原発と運転開始からの年数
 国内の原発と運転開始からの年数
原発の運転期間を最長60年に制限するルールを撤廃する政府方針を受け、原子力規制委員会は長期運転の安全を確保する規制見直しの議論を本格化させた。60年制限によって廃炉が相次ぎ、衰退に追い込まれた原発推進側は“門戸開放”に期待をかける。一方で規.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録