Free8日、寂聴さんをしのぶ会 1周忌に合わせ二戸で

二戸市の名誉市民で、昨年99歳で死去した瀬戸内寂聴さんをしのぶ会が、1周忌の前日に当たる11月8日、市民文化会館で行われる。寂聴さんの功績をたたえながら、多くの人に愛された生涯をしのぶ。

 寂聴さんは1987年から18年間にわたり同市浄法寺町の天台寺の住職を務め、東北最古の名刹とされる寺の復興に尽力。法話などを通じて全国から集まる参拝客らに元気を与え、浄法寺町を広く知らしめた。

 しのぶ会は実行委員会(会長・藤原淳市長)が主催。午後2時に開始し、在りし日の寂聴さんの写真を上映する。献唱では、岩手県立福岡高音楽部が、寂聴さん作詞の曲「寂庵の祈り」を合唱。テノール歌手秋川雅史さんも歌唱する。

 式典に続き、一般来場者の献花を行う(花は会場で用意)。実行委は平服での来場を呼びかけ、香典や供花などは辞退するとしている。

 入場無料。整理券が必要で、市役所や市浄法寺総合支所、市民文化会館で配布している。先着600人で、市外からの参加も可。問い合わせは二戸市秘書人事課=電話0195(23)3112=へ。

お気に入り登録