被害救済、着地点見えず 方法論で与野党隔たり/旧統一教会問題

 被害者救済法整備に向けた与野党協議の論点
 被害者救済法整備に向けた与野党協議の論点
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題の被害者を救済する法整備を巡り、与野党協議が難航している。献金要求に悪用されるマインドコントロール(洗脳)の定義の是非で対立し、高額献金の禁止基準は折り合わない。一刻も早い救済では一致するが、方法論の隔.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録