時評(11月2日)

政府は物価高に対応した総合経済対策をまとめたが、予算規模が膨張し、大盤振る舞いとなった。物価上昇の影響を強く受ける低所得世帯などへの支援強化は必要だが、対象を絞らない一律の負担軽減策は「ばらまき」と批判されても仕方がない。赤字国債に頼る大型.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録