苦肉の供給力増に危うさ 料金負担は軽減後値上げ/冬の節電と電力値上げ

 来年1月の電力の供給予備率
 来年1月の電力の供給予備率
政府は夏に続き冬も節電を呼びかける。一時は危機的な見通しだった電力供給は、休止中の老朽火力発電所の再開といった苦肉の策で積み増したが、急ごしらえの対応に危うさも残る。燃料高騰で電力各社は大幅赤字に陥り、消費者には政府の負担軽減策の後に再び値.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録