受動喫煙防止、子どもや妊産婦重点に 青森県の条例検討会、骨子案承認

青森県受動喫煙等対策検討会(会長・井原一成弘前大大学院教授)は1日、青森市で受動喫煙防止対策の条例制定に向けた検討会を開き、県が示した骨子案を承認した。子どもや妊産婦の受動喫煙防止に重点を置き、幼稚園や学校、医療機関などの「第1種施設」につ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録