平等優先、制度改革求める 「地方の民意」どう反映/1票の格差訴訟

 7月の参院選を「違憲」と判断した仙台高裁判決を受け、「違憲違法」と書かれた紙を持つ原告側弁護士=1日午後、仙台高裁前
 7月の参院選を「違憲」と判断した仙台高裁判決を受け、「違憲違法」と書かれた紙を持つ原告側弁護士=1日午後、仙台高裁前
7月の参院選を巡る「1票の格差」訴訟で仙台高裁は1日、初の違憲判断を示した。隣接県を一つの選挙区とする「合区」施行後も約3倍の格差は変わらず、判決は「選挙制度の仕組み自体を見直す必要がある」と強調し、参院改革の議論を継続すれば違憲は免れると.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録