【八戸商議所新体制】政財界の連携強化期待 組織運営、緊張感求める声も

1日付で会頭に武輪俊彦氏が選任され、八戸商工会議所は新体制に移行した。北東北有数の産業都市・八戸市は、昨年11月の熊谷雄一市長の就任に続き、この1年間で市政と経済界に新たなトップが誕生したことになる。熊谷、武輪両氏は政治活動や水産振興を通じ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録