動かない鳥、高知へ 国内初の繁殖目指す

 那須どうぶつ王国で飼育されているハシビロコウの雌「カシシ」(同園提供)
 那須どうぶつ王国で飼育されているハシビロコウの雌「カシシ」(同園提供)
栃木県那須町の那須どうぶつ王国は1日、動かない鳥として知られる絶滅危惧種のハシビロコウの雌1羽を、繁殖のため、高知県香南市の高知県立のいち動物公園に移送すると発表した。移送は12月18日を予定している。飼育下での繁殖は難しく、成功は世界でも.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録