【高校ラグビー県予選】来季につながる意地のトライ/三農・恵拓

18年ぶりの花園を目指して決勝に臨んだ三農・恵拓は、王者の厚い壁にはね返された。前半からスピードのある相手にかき回されて、失点を重ねた。準決勝で機能した展開攻撃も、青森山田には通用しなかった。太田匠汰朗主将は「テンポを上げて、縦に入り込む攻.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録