【デーリー杯IH】圧勝も決定力課題に/高校選抜A

高校選抜Aは運動量で相手を大きく上回り、攻守で圧倒。ただ、第1ピリオド(P)は35本のシュートを放つも2得点にとどまり、ゲームキャプテンのDF三浦秀瑛は「上を目指すためには、もっと決定力を上げなければいけない」と反省を忘れなかった。 第1P.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録