【自転車世界選手権】小原、日本人初の1分切り 「世界でも通用」と自信

小原佑太(工大一高出、日本競輪選手会)が男子1000メートルタイムトライアルで59秒796をマークし、日本人で初めて1分の壁を破った。「世界で自分も通用することが分かった」と達成感をにじませた。 これまでの記録はロンドン、リオデジャネイロ両.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録