【とちぎ国体】残り40M、一気に加速/3大会ぶりVの岸本

賞状を手に笑顔を見せる岸本鷹幸
賞状を手に笑顔を見せる岸本鷹幸
ゴールに飛び込み1着を確信した瞬間、人差し指を突き上げた。陸上成年男子400メートル障害で、青森の岸本鷹幸(大湊高出、富士通)が国体3大会ぶりの頂点に立った。序盤の勢いを最後まで維持するベテランの粘りが光った。「3、4位くらいを予想していた.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録