【とちぎ国体】レスリング県勢、表彰台ゼロ “お家芸”厳しい現状

青森の“お家芸”レスリングはフリー、グレコローマンの両スタイルに男女計15人が出場したものの、最高成績は8強(2人)。表彰台はゼロに終わった。成年の高畑芳和監督(八戸消防署河原木分署)は「ふがいない結果。本来なら優勝や上位を狙える力はあった.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録