【大成龍幕下V】「今の相撲磨いて」 家族や恩師も喜び

 大成龍(左)が勇磨を押し出す。幕下優勝を決めた=両国国技館
 大成龍(左)が勇磨を押し出す。幕下優勝を決めた=両国国技館
八戸市出身の大成龍(木瀬部屋)=本名・笹山喜悌=が、大相撲秋場所で初の幕下優勝を飾った23日、家族や地元の恩師は「とにかくうれしい」と喜びに沸いた。今場所は安定した取り口で勝ち星を重ねたことから、「今の相撲を磨いてほしい」と、3度目の十両復.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録