Free発足20年、全国8強へ闘志 還暦野球「あおもりシーホース」

10月の全国大会に向けて練習に励む「あおもりシーホース」のメンバー
10月の全国大会に向けて練習に励む「あおもりシーホース」のメンバー

青森県南地方の60歳以上の選手でつくる野球チーム「あおもりシーホース」は、10月7~11日に水戸市で開かれる第36回全日本還暦軟式野球選手権(全日本還暦軟式野球連盟主催)に出場する。全国大会出場の常連チームだが、過去2年は新型コロナウイルスで大会が中止となり、3年ぶり12度目の出場。今年はチーム発足20周年の節目でもあり、選手たちは初戦突破に向けて練習に励んでいる。

 同チームは八戸市や三沢市、おいらせ町などに住む野球愛好者が集まり、2002年に発足。「還暦」や「古希」などそれぞれの年齢に合わせてチームを編成し、同町などで練習を重ねている。6月に同町で行われた青森県大会決勝で弘前UFOクラブを7―3で破り全国出場を決めた。

 今大会のチーム登録選手は60~70歳の25人。選手たちは週2、3日、県立百石高野球部のグラウンドで汗を流す。

 監督を務める澤上訓さん(67)=同町=は「打撃力のあるチーム」と強調した上で、過去の最高成績が2勝にとどまっていることから「3勝以上を目指したい」と抱負。多彩な球種を持つエース柴田清栄さん(67)=三沢市=は「ベスト8を目標に頑張りたい」と意気込んでいる。

 大会には64チームが参加し、初戦は横須賀シニアクラブ(神奈川県)と対戦する。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録