再稼働加速に地元反発 相次ぐ問題、信頼回復遠く/柏崎原発改善計画1年

 柏崎刈羽原発を巡る経過
 柏崎刈羽原発を巡る経過
新潟県の東京電力柏崎刈羽原発でテロ対策の不備などが相次いだことを受け、東電が原子力規制委員会に改善計画を提出して22日で1年となった。節目となるこの日も、東電は安全性を向上させる工事の未了部分が13カ所あったことを公表、信頼回復は遠い。岸田.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録