大船渡市長らを書類送検 太陽光の決裁書改ざん疑い

太陽光発電事業を巡り、市有地の賃貸借契約に関わる決裁文書の作成日を改ざんしたとして、岩手県警が虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、同県大船渡市の戸田公明市長と志田努副市長を書類送検していたことが21日、盛岡地検などへの取材で分かった。9月1.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録