時評(9月22日)

静岡県牧之原市の認定こども園の通園バスに3歳の女児が置き去りにされ、高温の車内で死亡した事件は、幼い命を守るための課題を改めて見せつけた。 同様の事件は昨年も福岡県で起き、安全管理の重要さが叫ばれていたはずだ。だが今回の事件では登園時や園内.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録