議長「現状維持」主張 答申却下で異論、再度議論へ/青森県議選区割り・定数巡り

青森県議会は21日、各会派代表者会議を開いた。来春の次期県議選を巡り、三橋一三議長は「今回は協議、調整の場を設置せず、議員定数、選挙区などを現状のまま維持すべきとの結論に達した」と述べた。ただ、全会派で組織する議会改革検討委員会が16日に報.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録