駅ない町、桜で新幹線歓迎 トンネル合間に700本

 西九州新幹線の線路(手前)脇に植えられた桜の木=3月、長崎県東彼杵町(川添要介さん提供)
 西九州新幹線の線路(手前)脇に植えられた桜の木=3月、長崎県東彼杵町(川添要介さん提供)
佐賀と長崎両県をつなぐ西九州新幹線が23日に開業する。県境に位置する長崎県東彼杵町(ひがしそのぎちょう)は沿線で唯一、駅がなく通過するだけの自治体だ。それでも地元住民は新幹線の乗客の目を楽しませようと、山あいを通るトンネルの合間に13年前、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録