現地調査踏まえ、意見交換 三農高牛舎事故の調査委会合

昨年12月、青森県立三本木農業高の牛舎で実習中だった2年の男子生徒が頭部を負傷し、意識不明の重体となった事故で、有識者らで構成する調査委員会は20日、県庁で第2回会合を開いた。委員らが7日に実施した現地調査の結果を踏まえ、事故を防ぐために必.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録