時評(9月21日)

米国の連邦準備制度理事会(FRB)はインフレを抑制するため金利を引き上げ、日銀は景気への影響を懸念して金融緩和を維持する。これでは先行きの為替相場は、円安ドル高が加速する可能性が大きい。 鈴木俊一財務相は1ドル=126円となった4月15日の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録