住宅地平均31年ぶり上昇 基準地価、大都市けん引

 都道府県別の地価変動率
 都道府県別の地価変動率
国土交通省が20日発表した7月1日時点の都道府県地価(基準地価)は、住宅地の全国平均が前年比プラス0・1%となり、バブル崩壊が影響する前の1991年以来31年ぶりに上昇に転じた。住宅地はリーマン・ショック後の2010年から下落幅が緩やかに縮.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録