【大相撲】正代、泥沼8連敗 歴史的負け越し、大関最速

 宇良(右)に引き落としで敗れた正代=両国国技館
 宇良(右)に引き落としで敗れた正代=両国国技館
大関が相撲を取った上で9日目に負け越すのは、1場所15日制が定着した1949年夏場所以降では最速という屈辱だ。正代は初日こそ白星を挙げたが、2日目から泥沼の8連敗。伏し目がちに花道を引き揚げ、無言のまま国技館を後にした。 宇良の押しにずるず.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録