【英女王国葬】世紀の行事、威信誇示 「世界けん引役」理想遠く

 英女王国葬の規模
 英女王国葬の規模
エリザベス英女王の19日の国葬は各国要人が集う世紀の大行事になった。女王は70年間の治世で国民の敬愛を受け世界中で人脈を築いたが、国力は大きく低下。国葬には、女王の「遺産」を使って国家の威信を誇示し、国際的影響力を拡大する狙いが込められた。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録