ニンニク生産も機械化時代? 南部町で省力化実演会

アシストスーツを着用する実演会の参加者(手前左)
アシストスーツを着用する実演会の参加者(手前左)
青森県三八地域県民局は7日、南部町埖渡のほ場で、ニンニクの省力機械化の実演会を開いた。農家や行政関係者ら35人が、トラクターの自動操舵(そうだ)やドローンの活用、背中に装着し農作業を軽減させる「アシストスーツ」について見学した。 農家の高齢.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録