風の町、バジル特産品に 北海道寿都、雇用創出にも

 ビニールハウスで栽培されるバジル=北海道寿都町
 ビニールハウスで栽培されるバジル=北海道寿都町
北海道寿都町で、バジル栽培が盛り上がりを見せている。「だし風」や「やませ」と呼ばれる強風が吹くことで設置された町営風力発電所でつくられる電力も利用。雇用創出にもつながっており、町は「新たな特産品にしたい」と意気込む。 江戸時代から続くニシン.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録