【プロ野球】DeNA宮崎、読みと技で先制打 修正し「食らい付いた」

 6回DeNA無死一、二塁、宮崎が左前に先制タイムリーを放つ=東京ドーム
 6回DeNA無死一、二塁、宮崎が左前に先制タイムリーを放つ=東京ドーム
“打撃職人”が、読みと技術で膠着(こうちゃく)状態を打開した。DeNAの宮崎が六回無死一、二塁から先制適時打。低めのシュートを見極めた後、山崎伊のカットボールを引きつけて体を鋭く回し、左翼へはじき返した。「大貫が頑張っていた。走者をかえせて.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録