台風14号、高い海面水温で急発達 温暖化影響、気象庁も驚き

 上陸時の中心気圧が低い台風
 上陸時の中心気圧が低い台風
18日も最強クラスの勢力を維持した台風14号は、防災関係者が一様に驚くほど急発達した。要因として、地球温暖化により海面水温が高い状態が続いていることが指摘される。台風のエネルギー源である水蒸気が豊富に補充されるためで、今後もこうした台風が日.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録