災害時「誰も取り残さない」 学生ら防災・減災考える/八戸

災害時にさまざまな立場の人が直面する課題を、模造紙に張り出して意見を交わす参加者
災害時にさまざまな立場の人が直面する課題を、模造紙に張り出して意見を交わす参加者
青森市のNPO法人あおもりNPOサポートセンター(斉藤雅美理事長)は11日、八戸市の「はっち」で防災・減災を考えるワークショップを開いた。市内から参加した学生や社会人など15人が、SDGs(持続可能な開発目標)の理念「誰ひとり取り残さない」.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録