【秋季青森県高校野球】大間、攻めの気持ち忘れず

【大間-八学野西】6回八学野西無死一塁、大間は二盗を狙った一走田頭優輝(右)を遊撃手冨岡陽聖がタッチアウトに仕留める=はるか夢
【大間-八学野西】6回八学野西無死一塁、大間は二盗を狙った一走田頭優輝(右)を遊撃手冨岡陽聖がタッチアウトに仕留める=はるか夢
初のむつ地区第1代表として登録選手わずか10人で県大会の初戦に挑んだ大間。さすがに最大9点のビハインドははね返せず、初戦で敗れた。加澤和八監督は「基礎的な技術が不足していた」と完敗を認めた。 打線が直球130キロ超の相手先発を、六回までわず.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録