Freeマグロ?八戸港に現る 空腹?迷子?でも悠々

八戸港に迷い込んだマグロとみられる大型魚=16日正午ごろ
八戸港に迷い込んだマグロとみられる大型魚=16日正午ごろ

八戸港に16日、マグロとみられる大型魚が迷い込んだ。海面から背びれや尾びれをのぞかせ、悠々と旋回。偶然、居合わせた地域住民は「餌を追いかけて迷い込んだのか?」などと談笑しながら見守った。

 大型魚が見つかったのは、八戸市新湊3丁目の館鼻岸壁付近。同日午前11時15分ごろ、係留していた小型漁船の様子を見に来た同市の漁業者大山清見さん(80)が発見した。「最初はサメかと思ったが、近づくとマグロで驚いた。痩せ形だが大きかった」という。

 水産関係者によると、八戸近海には最近、多くのクロマグロが来遊している。この日確認された大型魚は、ゆっくりと右回りで泳ぎ続け、次第に岸壁近くから離れていった。

 大山さんは「餌を追いかけてきたか、ここ数日のしけで海が濁っているため迷い込んだのかもしれない」と推測した。

お気に入り登録