学校側争う姿勢、請求棄却求める 八学野西高生自殺の損賠訴訟

2019年1月に八戸学院野辺地西高2年の男子生徒=当時(17)=が自殺したのは学校でのいじめが原因として、両親が同校を運営する学校法人光星学院に約1億円の損害賠償を求めて提訴した訴訟で、オンラインによる協議が16日あり、学校側は原告の訴えを.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録