三沢飛行場第2滑走路、早期着工を 市が県重点要望公表

三沢市は16日、青森県に対する2023年度の重点事業要望の概要を公表した。市単独の最重点要望として、三沢飛行場第2滑走路の早期着工を盛り込んだ。上北圏域の他市町村と共同で、国道338号の歩道整備の充実と三沢空港発着路線の維持拡充を求める。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録