【KADOKAWA会長逮捕】出版界の先駆者か異端か サブカルで急成長に賛否

 会長の角川歴彦容疑者逮捕を受け、報道陣が集まったKADOKAWA本社前=14日、東京都千代田区
 会長の角川歴彦容疑者逮捕を受け、報道陣が集まったKADOKAWA本社前=14日、東京都千代田区
業界の未来を開く先駆者か、本業軽視の異端児なのか―。東京五輪・パラリンピックを巡る汚職事件で会長の角川歴彦(つぐひこ)容疑者が逮捕されたKADOKAWAは、アニメやゲームなどサブカルチャー分野に事業を多角化し、急成長した。出版不況下で活字文.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録