ウニ大量発生、鳥取の海 「厄介者」駆除、活用も

 課外授業で鳥取市内の海に潜り、ムラサキウニの大量発生について学ぶ青谷高の生徒(左手前)ら=8月
 課外授業で鳥取市内の海に潜り、ムラサキウニの大量発生について学ぶ青谷高の生徒(左手前)ら=8月
鳥取県の海でムラサキウニが大量発生している。地球温暖化による海水温上昇が原因とみられ、ウニによる食害が一因で、海藻が大幅に減少する「磯焼け」や、他の水産物の漁獲量が半分以下になるなどの影響も出ており、県や地元漁協が連携して集中駆除を始めた。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録