【大相撲】宇良、これぞ業師の真骨頂 20年ぶりの「伝え反り」

 宇良(手前)が伝え反りで宝富士を破る=両国国技館
 宇良(手前)が伝え反りで宝富士を破る=両国国技館
これぞ「業師」の真骨頂だ。宇良の決まり手は20年ぶりに飛び出した「伝え反り」。耳慣れない技のアナウンスに館内は大きくどよめく。2002年秋場所で新大関だった朝青龍が貴ノ浪に決めて以来となる。後に優勝25度を記録した横綱に続き「それはうれしい.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録