円急落、145円迫る 介入巡り相場乱高下 景気悪化懸念で株大幅安

 円相場の推移(対ドル、東京市場)
 円相場の推移(対ドル、東京市場)
14日の東京外国為替市場で円が急落し、一時1ドル=144円95銭まで下落、心理的な節目の1ドル=145円に迫った。米消費者物価指数の上昇率が市場予想を上回り、米国がインフレ抑制のため利上げを継続するとの観測が拡大。米長期金利が急上昇し、運用.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録