資源高一服、円安が主役に 大企業は転嫁、中小倒産も/企業物価

 輸入物価指数の推移
 輸入物価指数の推移
輸入コストの記録的な上昇を背景に、企業間の取引価格は2桁に近い伸び率で高止まりが続く。世界経済の減速で資源高には一服感があるものの、急進する円安が輸入物価押し上げの「主役」になっている。大企業では価格転嫁の動きが強まる一方、立場の弱い中小企.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録