「旧統一教会」対処へ、山口代表続投 公明、守りを重視

 公明・山口代表が直面する課題
 公明・山口代表が直面する課題
公明党の山口那津男代表の8期目突入が事実上固まった。今月25日の党大会で交代するとの見方もあったが、党として世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題に対処する必要から、経験豊富な山口氏の続投を求める声が強まった。来春の統一地方選を見据え、守り.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録