【エリザベス女王死去】スコットランドの独立再燃危ぶむ声 新国王の対応注目

 ホリールード宮殿でスタージョン・スコットランド行政府首相と会うチャールズ新国王(右)=12日、英北部スコットランド・エディンバラ(ゲッティ=共同)
 ホリールード宮殿でスタージョン・スコットランド行政府首相と会うチャールズ新国王(右)=12日、英北部スコットランド・エディンバラ(ゲッティ=共同)
英国で地域や年代を超えて敬愛されたエリザベス女王の死去で、北部スコットランドの独立問題が再燃し国の統合が揺らぐのではないかとの声が上がっている。地元にも根を下ろし「統合の接着剤」(英メディア)とも呼ばれた女王の穴を、チャールズ新国王は埋めら.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録