大豆から「ウニ」「ツナ」!? 代替シーフード、じわり浸透

 伊勢丹新宿本店で販売された、代替ツナを使った「ツナマヨ丼」
 伊勢丹新宿本店で販売された、代替ツナを使った「ツナマヨ丼」
大豆を原料にした「ウニ」や「ツナ」、こんにゃく粉から作った「マグロ」の刺し身など、魚介類の成分を使わず味や見た目をそっくりにした代替シーフードが、じわりと広がっている。水産資源の減少傾向を背景に、食品メーカーや水産加工会社が開発や販売に相次.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録