Free海の中では美白ブーム? 八戸の白いヒラメが存在感

背中も腹も真っ白なヒラメ
背中も腹も真っ白なヒラメ

八戸市水産科学館マリエントで、透き通るような“白い肌”をした体長約30センチのヒラメが存在感を放っている。地元の漁業者が種差付近で9日に発見し、同館に持ち込んだ。

 ヒラメは裏が白、表は海底の砂のような茶色をしているのが一般的。だが、見つかったヒラメは頭と尾びれ以外が白い。理由は不明だが、同館の担当者は「少しでも長生きしてもらい、珍しい姿を多くの人に見てほしい」と話す。

 八戸近海では最近、ヒラメのほかにも白いウニやホヤ、ナマコが相次いで見つかっている。海の中では、一大美白ブームが到来しているのかも?

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録